どうして働かなきゃいけないの。

ナイキのショップ、フィットネスジム、会社の受付、健康診断の補助、派遣とか6つくらい面接を受けた。
どれも結果はよかったのだけど、結局選んだ仕事は倉庫整理。

どこの面接いっても「髭剃って」「スーツ着て」って言われちゃうから、そうしなくていい倉庫整理に落ち着きました。私服に髭に寝癖最高


っていうのはただの言い訳で、今はただ人と関わる仕事をする自信があまりない。だから何かとこじつけて働かなくていい理由を作っている気もする。

面接の時「接客の仕事だから」とか「スタッフのチームワークが」「同世代のスタッフとお客さん」というフレーズを担当の人から聞くたびに極端に不安になってしまって、面接が終わる頃には「ここで働くのはやめよう」となってしまいました。

なんだか働く(というか人に関わる)のが億劫。億劫です。

今週から仕事が始まったけど、こうやって週5日何十年と働いていくのか。俺なんてバイトだし責任もないし残業もそうないし嫌ならすぐ辞められるけど(なんなら短期バイトだし)、みんなそうじゃないんだよなぁ。別に日本だけじゃなくて海外の人も勿論そうなんだけど、同じ国の同じ世代の人達や自分の知っている人達が身近でそうやって働いているのを見たりすると、改めてすごいなぁと思います。
まぁ俺も一つの場所で正社員として働き始めて1年もすればそれに慣れて社畜になれるんだろうけど。なんでも「最初」って大変なんだなきっと。


とりあえず今は毎日ダンボールと向き合っています。熱中症対策の物品を箱詰めしたり出荷してますがいつか自分が熱中症になりそうです。
数年前はこんなことしてるなんて夢にも思いませんでした。笑える




あーあ。どうにかこうにか楽して暮らせないものだろうか。
週3位で、コーヒー飲みながら空調のきいた部屋でのんびりできる仕事はないだろうか。
それでもご飯とコーヒーにはなんとか困らず、家族と動物一匹を養えて、1年に1回旅行にいけるようなそんな人生はないだろうか。




ないんだろうな。だからみんな頑張って働くんだろうな。



結局そんな理想的な人生を送りたいならまず何かしら行動を起こさなきゃだめだだからとりあえずサマージャンボ買う