カンガルーポイント

友達とその友達と一緒にカンガルーポイントでロッククライミング。崖を前に、川を背にして登れる最高な場所。
やっぱりボルダリングやインドアロッククライミングよりアウトドアが一番。あの20mはある崖をひたすら登ることの何が楽しいのか謎。でも好きなんだから仕方がない。
インドアと違って、そこにはただ無数のとっかかりがあるだけ。スタートもゴールさえいまいちわからない。あーでもないこーでもないといいながら登って、手をかける岩から砂が降ってきたり、手から血を出してみたり、すべって落っこちたりするけれど、それが楽しい。
川に日が沈み始めると、岩が陽に照らされて真っ赤になる。崖の下から上にかけて少しずつ、少しずつ影が伸びていくその時間が好き。涼しい風を浴びながら、友達が作ってくれたサンドイッチを頬張るその時間が好き。

岩を登ってる自分はちょっといつもと違う気がする。登りながら自分って危なっかしいなぁと思うし、怖いもの知らずで失敗も恐れない。みんながやめとけっていう岩のルートさえ落ちるかどうかなんてお構いなくただひたすらすすんでしまう。その先の岩をつかみたくなってしまうし、登れないならなおさら登ってみたくなる。恐ろしく強い精神力。
登っている時以外はこんなに腑抜けなのに。

なんか久しぶりに楽しかったな。最近あまり人に会っていなかった、というか会いたくなかったというか会いたいと思わなかったけど、こんなに楽しいならまたみんなと会ってみようかな。

そんな日曜日の午後でしたとさ。