雨だから仕方がない。仕方がないのだ。

オーストラリアに着いてから4日目。

海から歩いて3分の一軒家で、友達とその子どもとゆったり暮らしています。

僕はまだ仕事も家も見つからず、サンシャインコーストに引っ越す検討もつかずです。仕事は今住んでいる友達の家付近で見つかりそうなのだけど、どうも気が乗らず。

気が乗らない理由の1つは友達の家に居候しているからいつまでもここにいるわけにはいかないよなぁという点。ここで仕事見つけちゃったらここに住むことになってしまうし、身動きとれなくなっちゃうから。もう1つは日本食レストランであること。とは言っても経営が中国人で日本人はあまりいないのだけど、別にあまり働きたい分野ではないなぁぁと言うところ。でもお金がないから働かないとなぁという感じです。

難しいのは、シェアハウスを見つけて引っ越してもそこに仕事がなければ意味がないし、仕事を見つけても引っ越すシェアハウスがなければ仕事ができない。日本と違って公共交通機関がしっかりしてないので、遠くから通うのも難しい。

 

サンシャインコーストに住むのは諦めてブリスベンでしばらく頑張ってみるかなぁ。とりあえず僕にとってなんの仕事をするかはとても大事なので、仕事を見つけてからどっか引っ越そうかな。でも、何がしたいかって言われてもよく分からない。カフェで働きたいけど経験がない僕には結構その分野の仕事探しは困難。まぁやってみます

 

環境の変化や不安定な状況に弱くてそこから逃げるためにすぐ諦めて無気力になってだらけてしまう自分があまり好きじゃない。大好きなオーストラリアといえどやっぱり新しい土地での新しい生活はまだまだ慣れない。ブリスベンシティならもっと色々と簡単なのだけど、なんせ今住んでいるところはアジア人すらいないような田舎。履歴書を飛び込みで持っていくのにもおどおどしてます。でも実際履歴書を受け取ってくれた人達はみんなめっちゃいい人だから、結局自分が勝手に頭の中で難しくしているだけなのです。

自分の弱さに立ち向かえるような強さが欲しいです。強い人でいたいです。

 

 

そういえば、1年半前に障がい者支援員として働くためにブリスベンに来た時もこんな感じだったな。ちょっとだけ日本での生活を引きずりながら、物凄い不安だらけの毎日を送ってた。来た時に机に置いてあったウェルカムボードとそこに添えられてた5つのチョコレートを1日に1つだけ食べて「これを全部食べ終わったらきっと慣れる。毎日楽しくなる」っていう訳のわからないことを信じながら。

その時も時間はかかったけど仕事にも環境にも慣れたし、結果最高の1年になった。本当に辛かったり大変なことも沢山あったけどね

 

 

 

 

 

 

とりあえず、今一緒に住んでいる友達は「いつまででもここにいてくれていいんだよ。」とは言ってくれている。こんな恵まれた環境は他にないのだから、もうちょっと今ある環境に感謝してポジティブに頑張らないとなぁ。きっと1年なんてあっという間なのだから。

 

今日は雨。そして日本食レストランでの面接。とりあえず環境に慣れない間は常に眠い。眠たい。あぁ、気が乗らないけどとりあえずやれることをやろう。