最小限綱領派と完全菜食主義者

ここ最近興味があること。
ビーガニズム(ヴィーガニズム)、ミニマリズム

ビーガン(ヴィーガン)は英語でVeganというのだけど、要するに完全菜食主義者のこと。ベジタリアンは肉(人によるけど魚)を食べない人達だけど、ビーガンは肉、魚、牛乳等の乳製品、卵を食べない。というよりは、植物しか食べない。ビーガンになる人にも理由は様々で、宗教上の理由、健康のため、動物や生き物を尊重するため、環境のため等々。そういう訳で、蜂蜜は蜂を介して手に入るものだから食べれない。動物性の油や魚の出汁等も摂取しない。ベジタリアンやビーガンはアジア以外では結構知られていて、どの店にもその人達専用のメニューがあるくらい。


以前はベジタリアンの定義すらよく分かっていなかったし、知った時はびっくりした。生きていけるのかなぁと。しかしビーガンを知った時はさらにびっくりして、そんなの無理だろうと思っていた。でも知れば知るほど面白くて、いつの間にかビーガン食をとるようになっていた。日本では文化や認知の点で問題もあってちょっと難しいし、何か一方に考えを極端に偏らせたくはないから完全にビーガンになるつもりはないけれど自分で肉を食べることはほとんどなくなった。去年の終わりあたりから、たんぱく質はもっぱら豆とナッツと野菜から。やはり付き合いやらで食べることはあるけど、自分では極力避けている。因みに俺は健康のためと興味本位でやってる。どうやら肉で摂取できる栄養は、野菜から全て摂取できるらしい。実際、俺は動物性の食事をしばらくの間ほとんど取っていないけどそれでも筋肉はついたし、今人生で一番体が健康的(気持ち的にも)な気がする。


俺の周りのビーガンの人達は環境上の理由もすごく考えている。動物愛護の観点から食べたくないのと、地球温暖化の原因の一つである二酸化炭素は人間が繁殖させている家畜からの排出量がかなりを占めているというのも理由だそう。あとは物もあまり買わず、洗剤も環境にいいものを使うか使用しなかったり、革製品のものを購入しない等々、色々です。

 

 

 

次に、このビーガンにも多いのがミニマリスト。これはもはや日本語になりつつあるようだけど、これは必要最低限のもので生活するという考え方。これも理由は多々あるようだし、ビーガンのような環境保護の観点からそうしている人もいるみたい。
僕の場合は、ただ物欲が年を増すごとになくなってきただけの話。そして、物を買い始めると色々と欲しくなるけれど、買わなければその欲さえなくなっていくのに気がついた。お金がないのが第一の理由かもしれないけど、それと同時に欲が出てる時なんとなく気持ちが落ち着かなくなるのが嫌だからそうしている。欲って不思議で、手に入るとその時は満たされるのだけどすぐにまた何かを求めてしまう。そして手に入らない時、それがストレスになったりする。僕は。


オーストラリアにいた時にフィリピン人の同僚がいた。僕たちはそれなりに仲が良かったのだけど、僕は彼の頭の片隅に日本人つまり僕に対する憧れに似た強い嫉妬や羨みがあるのを知っていた。彼がオーストラリアに来たばかりの時、生活の違いに驚きながらもお金を節約し物を大事にして買う物を選んでいた。ただある時、僕が日本で買ったMac book airを使っていたら、彼はそれを見て「欲しい!」といった。僕たちの会社の給料なら買うのも難しくないと思って「お金貯めて買ってみたら?高いけど、俺も頑張ってお金貯めて買ったよ」と伝えると「絶対買う」と嬉しそうな顔で言っていた。そして数週間後、彼は僕と同じものを買った。そしてそこから彼は空いた穴を埋めるかのように様々な高いものを買い漁った。店に行っては「これ欲しい」という彼の顔からは、どちらかというとただ目の前のものが手に入らないことに対する焦燥感や苛立ちが目に見えて表れていた。

彼が本当に欲しいものは何だったのか

 

何かを喉から手が出るほど欲しがっている人はたまに滑稽にもみえる。たまに恐ろしくさえも見える。もちろん欲しいものや手に入れたいものがあるのはいいことだし、それに向かって頑張って働いたり努力する姿は綺麗にも見える。がしかし、最初はそのつもりでもいつしか取り憑かれているように「手に入れる」ということに執着してしまうこともある。冷静になって考えたり、手に入れてから気づく「これ、本当に欲しかったのかな」という気持ちになることは誰でも1回は経験があるはずだ。

不思議な話だ。物を持っていない人が物を欲しがり、物を持っている人が物を減らし始めている。僕は相当裕福な暮らしをしてきたはずだけれど、実際今は自分の物を減らし始めている。自分でも自分がよくわからないけれど、時にいらないものを沢山買ってみたり、ある日突然自分の大切なものをすべて捨てた自分もいる。それとも「ミニマリスト」という言葉に理想を抱いているのだろうか。自分でもよくわからない。


とりあえず今僕はあるものは大事に使うけれど、新しいものはあまり買わないようにしてる。というか、本当にあんまり欲しいものがないんだけど。
それに僕はオーストラリアで1年半暮らしたけど、「スーツケース一個に収まるような生活」をしていたのに帰る時ふと気付いた。そう考えると、今まで生きてきて持っていた沢山のものに、どれだけの意味があったのか。まぁ昔からもらったものでもお土産でも必要なければすぐ捨てるタイプだけど、それでも沢山のものに溢れていた気がする。シンプルな生活は、なんとなく自分の心を豊かにするんだなぁと最近よく思う。