お家決まったー

午前5時

 

「Hey, Jin! Am I Japanese?」と子どもに起こされ

「I think you're Australian, aren't you?」と寝ぼけながら答えたら

「I am Japanese」とひたすら言い続ける。

可愛すぎてしばらくベットの中からじっと見ていました。

 

ちょっとしたら起きて朝ごはんを食べていたら「Looks yum, Jin...」「What is this?」とうるさいもんだから5口位あげる。で、昨日壊れてしまったおもちゃをなおせとせびられたのを思い出したから分解して修理しました.

保育園へ行くのを見送って、シャワー浴びてシティへ向かいました。が、1時間45分間で電車とバスの寒さに耐えられず死にかけた。

 

朝からシェアハウスの見学に行ったんだけれどシェアメイトが生理的に無理で途方にくれる。凹んでいたその時、友達から連絡。会うことに。

シティで待ち合わせしてビーガンのラップを食べた後、カフェで彼のガールフレンドも合流してコーヒー飲みながらモノポリー。いいお店だからまた行きたいし、次はジェンガしたいなぁ

シティ内をぶらぶらして「俺たちがシティで会うのなんて初めてだよな。いっつも海が目の前にあって芝生の上しか歩いたことなかったもんね」なんて話をする。彼とはいつも沢山の話をするのだけど、性格が結構似ていてとてもいい理解者。きっと僕は彼にかなり影響されているせいもあるけれど会ってまだ1年も経ってないのにお互いをよく知っている気がする。

午後5時に彼はヨガに向かい、僕はもういっこのシェアハウスの見学に向かいました。実はこのシェアハウスはどうしても手に入れたかった物件で、やりとりしていた人から聞く限りかなりいい物件でした。で、半日や1日でも遅れたら絶対に他の人にとられると思い即アポをとって仕事を休んでとりつけた見学なのでした。

そこはオーストラリア人とニュージーランド人が2人で暮らしていて、そのオージーが彼女と引っ越すから代わりを探しているとのこと。実際会って話したらめっちゃいい人で彼女も素敵な人。家の中を見学してもすごくいいし結構理想的。

 

というわけで即決。

週に210ドルでインターネットと水高熱に家賃込み。家は希望通りのWest endでクライミングジムも川もカフェもシティもすぐ近く。因みにWest endはオーストラリア人でも住みたい人が多くてものすごく人気の場所。めっちゃ調べたし時間費やしてよかった。

これからはニュージーランド人と2人で住む(2人でシェアは結構贅沢なシチュエーション)ことになるし、彼は忙しくてあまり家にいないらしくアパート1人でほぼ貸切。そのアパートの屋上は見晴らしも良くて風も通る。最高。

しかも話をしていったら「ベットあげるよ」とか「自転車も良かったら譲るよ」「何か問題があったら連絡してね」なんて普通ではありえないくらい優しい。自転車買うはずだったのに買わなくてすんだし立地も最高だしもう幸せ。正直West endに住むの若干諦めてたのに。これで仕事もすぐ見つかるはず、ってか見つかりますように。

 

いやーいい1日だった。やっぱ運だけはあるんだな、俺。そしてシティに住んでいる人はオージーアクセントがソフトで本当に聞き取りやすい。今住んでいるところが田舎でアクセント強すぎて自信なくしてたけど大丈夫じゃん。よかったよかった

 

来週あたりに引っ越せたら引っ越したいところです。友達が引っ越し手伝ってくれるっていうし、なんだかもう最高です。最高です。最高です。

家賃払ってクライミングするためにもいっぱい働かないとな。頑張ります

 

 

 

来週あたりからしばらく海とはお別れ。でもまぁまたいつか、必ず。

 

 

 

 

とりあえず帰りの電車とバスが寒すぎるのと風が強すぎで凍死寸前。日中はクッソ暑いのに何この気温差。オーストラリアに住んでいる人は朝と夜と電車とバスは注意、がっちで。

僕、街に行きます。

今日ふと思い立って、シティにまじで引っ越そうかなぁと。朝からずっとGumturee(っていうオーストラリアで一番有名なサイト。現地人は仕事も家探しも何でもこれを使ってする)を見てました。昼からは行ってみたかった近くのバーガー屋さんに行ってベジバーガーを頬張りながらシェアハウスの見当をつけて、そのあとはいつものカフェに行ってソイカプチーノ飲みながら気付いたらアポを取ってました。

場所はWestendで、2つの候補を見つけたので月曜日に早速見に行きます。結構良さそうなところで、俺が大好きなクライミングとヨガができるUrban climbまで徒歩で行ける(っていうかだからそこにした)。でもレントが週に$160〜170だからいっぱい働かないとなぁ。Westendはカフェとレストランで溢れていて人気の場所だからどっかで見つかるといいんだけど。

 

今のレストランも遠くなるから、長くはつづけられないかなぁ

ボスが毎日「I like you」って言いながら食べ物とかビールを与えつづけてくれているからなんだから少し後ろめたい気持ちもあります。(※ボスはゲイではない)

 

でもまぁ、新生活を送るのもありでしょう!せっかくオーストラリアにワーホリできているのだからそんな毎日もありだよなきっと。

こっちに来て3週間。あと少しで1ヶ月。あと残り11ヶ月。12分の1がもう終わってしまった。早すぎる。

 

とりあえず、あの素敵な家に絶対住めますように。誰にもとられませんように。シェアメイトがめっちゃいい人でありますように。家がきれいでありますように。オーナーもいい人でありますように。いいシェアハウスだったら手附金払ってすぐに引っ越してやる!待ってろよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

友達。

疲れた。疲れました。でも今日だけで$170位はいきましたよ、ふふふ。
体もちょっとだるかったけど、これって昨日の不摂生のせいなのか。普段食べないジャンクなもの食いまくったからかもしれません。ここしばらく健康的な食生活をおくってたせいか、ちょっとあれなことすると体の変化がすぐに分かります。健康一番。

昨日は久しぶりの1日お休みでした。
朝からコーヒー片手にシティへ向かう。バスと電車で1時間45分かかったのだけど、寒すぎて手足真っ青になりました。外はくっそ暑いのに、中はくっそ寒いのです。
シティに昼前には着いて仲良しな2人と会って茶。ずっと連絡はとりあっていたけど、会うのは久々。Blackstar coffeeという所で軽いランチとコーヒーしました。ここのビンに入ってるコーヒーがけっこーおいしいのです。Westendはおいしいレストランやらカフェやらが多くていいな。住みたいです
その後はクライミング。ロープクライミングボルダリングやったけど、久しぶりすぎて悲惨でした。こっち来てもっとやりたいのだけど、遠くていけない。ここは昔から行ってるUrbanclimbというジムでクライミングとヨガのスタジオが併設されている施設なのです。Westendだしクライミングもヨガもちっさいジムもあるし値段もメンバーシップになればそう高くなかったからがっちで住みたい、あそこに。あそこらへんに住んだら確実に毎日行くだろうね。シティに住むのはちょっとしんどいけれど...
その後はColes行ってジュース一気飲みして街ぶらぶらして友達の友達と会ってDaisoいってラムネ買わせて飲みかた教えてあげたりなんやらかんやらしてバイバイ。ほんとにこの2人いいわー。オーストラリア人の彼はまだ21だか22だかでマレーシアの彼女は確か俺の一個下。2人ともかわいらしいしふざけたことばっかいつもしてるんだけど、落ち着いた所ととのそのバランスがとてもいいのです。なんていうかあんまり踏み入った話をするわけではないんだけどいるだけでいい人たち。っていうかとりあえず本当に2人とも大好きです。まだ知り合って1年半とかだけど大好きっていえる。

で、夕方からは最近できた友達と茶。また、茶。コーヒーは飲みすぎたらいけないなぁとおもってオススメのきれいな色の茶とピスタチオのチョコケーキを食らった。うまかったなあれ。
彼はオーストラリア人だけどなんだか日本人のような心も持っている人。物腰柔らかくて、優しくて、でもくっそおもしろい人。年上だから落ち着きもあって、ベジタリアンだったりクライミングやヨガ好きだったりミニマリストだったりと共通点もけっこうある。そしてSuch a small worldとはこのことで共通の友達がめっちゃいる。くっそびびる。BrisbaneというかQueenslandではあるあるなんだけど、意外と共通の友人がいたりとか道でばったり出くわしたりすることがかなりある。この日も2人位道でばったり会って立ち話したりした。こういうところがこの街の好きなところです。そう、でその友達とヨガクラスに行きました。ヨガを始めたのは体がものっそい硬くてクライミングができないから、となんか健康そうだから。でもクライミングとヨガはかなり関係していてヨガができればクライミングもできるしクライミングができればヨガもちょっとできるらしい。だから俺も意外とヨガはちょっと上手にできたりする。

ヨガの後は友達とバイバイし、家へ。電車がくっそ遅れてバスも乗れなくて2時間30分位かけて帰りました。電車もバスも案の定くっそ寒かったです。そのせいで今日疲れてのかもしれないと今気づきました。

いややっぱね、友達っていいね。たまにはシティにってこうやって友達に会いたいです。海と田舎から離れるのは嫌だけど、シティへの引越しも考えてしまうくらいに。もっと友達に会いたいしクライミングもヨガもしたいです。あーどしよーかなー
やっぱり欲しいもの全ては手に入らないってことか。何か手に入れるためには何かを捨てなければならないというけれど、そうなんだろうか。
俺がほしいものってものすごくシンプルだと思うし、きっと日本にいる俺の友達が求めているような高価だったり複雑なそれではないのです。でもそのシンプルなものっていうのが実はものすごく贅沢で一番手に入れるのが難しいのかもしれません。

まぁでもあーだこーだいうけれど、結局こんな時間が死ぬまでずっと続けばいいなぁなんて最近よくそう思ってるのであります。

酔っ払いが1時間30分(途中寝た)かけて書いたお日記。

はぁ疲れた。

もういっこの仕事が決まったらもっと忙しくなるんだろうなぁ。

 

 

今日は午前中シティでオージーの友達に会った。たわいもない話をして、ベジタリアンレストランで安いランチを食べてバイバイ。なんでこんなにいい人なんだろう。みんな余裕を持った生活をしてるからこんな風でいられるのかな。僕もいつだってそんな人でありたいな。

 

その後は夕方から仕事。ものっそい忙しくてもうバタバタ。でもスタッフがみんないい人だから嫌な気持ちはない。みんな俺がよく食べるのを知ってるから働きながらもずっと食べ物を与え続けてくれる。幸せすぎる。あまりに忙しかったから終わった後はビールをくれた。俺なりに仕事を頑張ってるのを認めてくれているみたいで嬉しかった。そして最近、気のせいかみんなに少しいじられ始めている気がする。

最近一切飲まなかったからすげー久しぶり。そんなこんなでビール一本飲み終わった頃にはもうほろ良いです。ふわふわしながらベットの上でお日記更新中です。

昔はどれだけ飲んでも必ず理性を保っていたけど、少し年をとったせいか、昔より素直になったせいなのかなんだかちょっと気が緩みます。いつも体に纏っている重い鉄の鱗がほろっと剥がれていくような感じで。なんとなくこう誰かに少しだけもたれかかりたいようなそんな気持ちになります。昔はこんな感覚一切なかったのだけど、おかしい。そんな変化を最近じわじわと感じています

 

昔はずっと自分の話をするのが苦手で、というか今も苦手だけど。昔はもっと苦手でした。特に自分の困ったこととか辛いこととか弱さを一切見せたくない人間で、それがどれだけ仲が良い人だろうが家族だろうが誰にも弱音を吐かず訳も分からず目の前のにある道をただただ進んでいました。でも正直それでよかったと思っているし、あの時はそうするしかなかったんだなぁと思います。もしあの時弱音を、自分の弱さを一言でも口にしたら一気に自分が崩れて、みんなの前で号泣して、きっと使い物にならない人間になってただろうなぁと。それこそ引きこもりとか不登校とかになったかもしれないし、仕事も辞めて何なら死んじゃってたかもしれないから。まぁそれは言い過ぎだけど、でもそれくらいダメになってた気がします。

だから自分の傷に誰かが触れようとする時、僕は必死に自分を守るように馬鹿なことを言ってみたり上手にごまかしたりしていました。みんなが気付いていたかは知らないけれど、家族のことを聞かれた時、母親のことを聞かれた時、「こっちは色々話しているのに、何も自分のことを話してくれない」って責められた時、過去のことを話す時、誰かに心配される時、僕はいつも涙が出る寸前でギリギリ堪えて話をしていました。そして誰かが僕に本当に優しい言葉をかけてくれる時、それが辛くて辛くて仕方がなかった。よっぽど1人で頑張っている方が楽だし、何なら自分のことを好きでいてくれる人がいるだけで辛かった。当時は自分のことが大嫌いだったし、自己肯定感が一切なかったから。

だからもし昔の自分に一言だけ声をかけられるのなら「もういいんじゃないかな。」って頭にそっと手を置いてあげたいです。きっと手を突っぱねるだろうけれど、当時の僕は、きっとそんな言葉をずっと待っていたんじゃないかなぁと思います。

 

そんな風にずっとずっとずーっと長い間生きてきたけど、ここしばらくはそんなこともなく暮らせている気がします。人に頼ることをちょっとだけ覚えたし、昔より自分に素直に生きているような気がするから。

 

 

そう、つまり言いたかったことは簡単なんです。人前で酒は飲まないようにします。

 

とりあえず部屋に一人でよかった。何故か部屋で1人号泣しながらお日記したためてました。

 

おやすみなさい。

のんびりにでもそれなりに。

なんだか色々な話が飛び込んできた。今働いているレストランの隣にカフェ&レストラン的なのがオープンするのだけど、うちのシェフがそこのオーナーとまさかの個人的な知り合いで俺が働けるか聞いてくれるって。前からそこは気になっていたけど働くのは無理かなぁと諦めていたところでこの話。もしそこで働けたらバイト先が隣同士にあり、かつ家から徒歩2分になる。最高やん。

 

次に今日オーペア(いわゆるベビーシッター)の応募した先の人が面接したいと言ってわざわざうちまで来てくれた。話をしたらいい人そうな夫婦だった。夫婦で新しく寿司屋を近くて始めたらしく、かなり情熱的で人情のありそうな人達。

結局、オーペアは今の俺の条件的にやるのは厳しそうだけど、俺がもしやる気あってそこの寿司屋で継続的に働くならビジネスビザ出します、と。なんてこったい。おいしい話。そこから永住権も難しくはない、アイエルツ(英語のテスト)のスコアさえあれば。まぁないし、とろうと思っても俺のレベルじゃ悲惨な結果になるけどね。

昔ならすぐに食いついたろうけど、今や永住したいかもよくわからなくなってきた僕はめっちゃ考えてます。てか永住はやっぱしたいんだけど、永住するために長い間寿司屋で働いてしかもテストに向けて果てしない英語の勉強するなんて到底無理な気がするから。でも、奥の手としてこの話をとっておこうと思います。

 

でもなんだかちょっと希望でてきたんじゃあないでしょうか。やっぱり行動すればそれなりの結果がでるってことなんでしょうか。勇気出してやってみるってことは大事なんだなぁ。ちょっと行動してみますか。やるだけやってみよ

 

のんびりにでもそれなりに、オーストラリア生活たのしむぞー

ラッキー

昨日からちゃんと仕事を探し始めました。

カフェやオーガニックストアでの仕事はとりあえず諦め、現実的にできる仕事を見ています。そうなると、結局人と関わる仕事しか自分にはないのがよくわかる。だからそんな求人をちらほら見ながら応募しています。

今まで応募したのは、日本語教師総領事館(期間限定で事務を探している)、カジュアルでなベビーシッター、レストラン、オーストラリアに関するライター、ネットでの講師登録、留学エージェント等々。日本語教師の方とは面接していただけそうだし、ベビーシッターはやろうと思えばいつでも仕事がありそうな気がしています。レストランは遠ければ働くとこは沢山ある。総領事館で仕事ができれば一番だけれど、とりあえずそれは期待しずに待つことにします。

英語力がもっとあればしたい仕事ができるわけだけど、まぁそこは考えても仕方がないからできることからやっていこうと思っています。英語は勉強しません、とりあえず。

 

日本食レストランでの仕事も順調です。今日は昼に仕事があったんだけれどいい感じでした。最初履歴書持ってった時はほぼ経験ないからか「はぁ?ここで働きたいの?経験ないくせに?」的な対応だったのにも関わらず、働けば働くほどみんなニコニコ可愛がってくれて仕事も沢山任せられてます。嬉しい。

仕事できるからってシフトも増やしてもらったし、店長はいつもつまみ食いさせてくれたり昼と夜ご飯くれたりする。他のシェフも食い物ばっかくれます。なんか、いい環境で仕事できてるなぁと感じます。みんな優しい。

 

シェアハウスも11月あたりから引っ越せそうな目処がつきました。2件ほど近くに良さそうな家があって、そこに引越しを検討しております。

 

 

色々とうまくいってます。

 

 

さーこの調子でのんびり暮らそう。

 

オーストラリアナイズ

今日は隣町の海辺のカフェからでございます。今日も海沿いを歩いてきました。

 

仕事は順調です。ジャパニーズレストランだというのに一緒に働いている人はほとんど日本語が話せないです。だからオーダーを読むときいかに外国人風に読むか試行錯誤する毎日です。だって初めての時「唐揚げ丼プリーズ」って読んだらみんな「は?」って顔したからね。

だから「唐揚げ丼(Karage Don)」を読み上げる時は「かるぁーあげぇーどーん」っていうようにしています。それでもキッチンスタッフが微妙な顔をしたら「かるぁーげドーーーン!」みたいな感じで読んでみたりします。

 

笑われたけどお前らのためだからな。

 

でもみんないい人です。オープンしたてのレストランに入ったからやたら毎日忙しいけど、みんなで試行錯誤しながらやってます。レストランでしかもキッチンハンドとかの経験ないから足手まといだろうなぁとか心配してたけど、どうやら評判は良いようで安心しました。シェフが仕事中にくれたチョコレートとか帰り際に毎日くれる晩ご飯がすごく嬉しい。色んな国籍の人がいるから色んな言葉が飛び交っててなかなか興味深い職場です。

 

まだ他の仕事は見つかってないし、家もまだ返事待ちで見つかるか分からない。いっそ引っ越してめっちゃ儲かる仕事(友達が紹介してくれた)やろうかとも思ったけど、少しここが気に入ったのでもう少し住んでみようかなぁと思っています。住めば都というのか、なんだか不思議な感覚です。

 

家では自分より少し年上のシングルマザーの友達とその3歳の子どもとまぁまぁ仲良く暮らしてます。夜に友達を呼んで酒を飲みながらめっちゃ面白いアメリカの映画見て爆笑したり、仕事終わってからリビングで友達と1日のことについて報告しあったり、子どもをからかって「こっちくんな!」って言われてみたり。彼にはお母さんしかいないから、俺がお母さんと話すとちょっと嫉妬するみたいで少し申し訳ないです。たまにぐずったりもするからなぁ。とりあえずそれも含めて少し近場への引越しも考えています。彼女達の生活もあるのだから。あとは今アプライしている家に住めるといいんだけど。

 

そうそう。今日ね、日本にいる友達(前にオーストラリアに住んでいた)と近況報告をしていたんだけど、その文章をメールで打ちながら自分はなんて生活をしているんだとやや驚きました。

海まで歩いて2〜3分の所に住んでいる。1日3時間〜4時間しか働いていなくて、朝から夕方5時くらいまで全部自分の時間。ジムに行ったり、散歩したり、海辺でゴロゴロしたり子どもと遊んだりしてたら夕方になる。友達の家にいるから家賃は要らなくて、食事もたまについてくる。職場の人も住んでいる人もみんないい人。給料はめっちゃ低いから貯金はできないけど、最低限の生活はできる。

これが俺の求めていた生活だなぁとつくづく思いました。お金欲しいなってやっぱりたまに思うけど、いっぱい働いて辛い思いしてまでいいかぁとも思う。何をする訳でもなく毎日のんびりと時間が過ぎていく。日本では結構忙しい毎日だったからか一気にこんなゆったりとした生活になって罪悪感や危機感をもつようになってしまっていたけど、別に悪かないよなぁ。何にも悪いことないのになぁ。少しずつオーストラリアの感覚が戻ってきたのかもしれません。どうにかなるんだよね、結局。

こんなこと老後にやれよってみんなには言われるけど、あと少しだけ。もいっこの仕事が見つかるまではこの生活を楽しもうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

とかいいながらこのまま仕事が見つからなければいいのにと内心まじで願っています